当社の概要

チャールズリバー・デベロップメント自社開発システム(Charles River Investment Management Solution) は世界30ヵ国以上の銀行、生保、資産運用会社、ヘッジファンド等の使用実績があり、足元のシステム内搭載資産規模は30兆ドルを超過しました。Chales River IMS は投資プロセスの自動化・最適化を前提に設計され、ポートフォリオ管理、リスク管理、証券売買、約定登録、コンファメーションデータ突合等、幅広い投資業務が同一プラットフォームで実施出来ます。

他社データ・システムベンダーとの積極的な提携もCharles River IMS の大きな特徴です。他社提供の分析データを始め、証券売買の接続先も柔軟に対応しています。また、ステート・ストリート社との統合により、フロント・ミドル・バックオフィス全ての要望に応え、同社 Alpha SM システムの根幹を形成しています。

チャールズリバー・デベロップメントは本社をマサチューセッツ州バーリントンに置き、世界各国11オフィスに975名の従業員が常駐しています。

(2019年10月時点)

 

チャールズリバー・デベロップメントについて

$25 Trillion

総額30兆ドルのシステム搭載資産

世界の運用資産総額の1/3 がCharles River Investment Management Solution (Charles River IMS) に搭載。 多種多様な機関投資家が日々の投資関連業務に活用しています。

38,000名以上の投資プロフェッショナルがCharles River IMS を使用。

主要各国の金融セクターがシステムを投資業務の効率化やリスク管理に活用しています。

運用資産上位100社の内、約半数の機関投資家がCharles River IMS を使用。

運用会社、信託銀行、生保、銀行、オルタナティブ投資会社等幅広いユーザーがシステムを活用しています。

975名の従業員

全従業員中35% が研究開発関連の業務、21% がユーザーサポートのサービスに努めています。 構造的に変化するニーズに応えるべく、絶え間ない設備投資・イノベーションを図っています。

Charles River が掲げるSoftware as a Service (SaaS) モデルにより

週7日24時間体制のサポートを始め、迅速なシステム更新が可能となりました。

30年超の業界ノウハウ

盤石な顧客基盤により、堅調な業務キャッシュフローを毎年度記録しています。この資金は研究開発・設備投資・人材投資に使用されています。